姿勢専科KCSセンター六本木

03-6459-1491

受付時間:【平日】11:00~20:00 ※土・祝は18:00まで
定休日:日・不定休

姿勢専科KCSセンター六本木

コラム

  1. ホーム
  2. コラム

病気ではないが健康な状態とも言えない未病

2023/10/18

病気と健康の間の状態の「未病」

「もう少し悪くなったら、また来てください」と病院で言われたことはないですか?

病院は病気の人に対して医療を提供しますが、病気ではない未病の人に対しては医療を提供してくれないからです。

未病の状態は、病気ではない為、ご自身で生活習慣や食生活の改善、適度な運動を習慣づけなければなりません。

運動不足、食生活の乱れ、過度なストレスの蓄積が健康状態から少しづつ病気の状態に移っていくリスクを高めるため、未病は放置しないでください。

「寝ても疲れが取れない」、「慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている」、これらも立派な未病状態です。

特に検査で異常がみつからないが自覚症状のある未病は、悪い姿勢が原因で自律神経の乱れや機能低下の原因になっている場合があります。

悪い姿勢は、運動器の機能低下にもつながり、膝や腰の痛みから活動量が少なくなり、将来、フレイル、ロコモティブシンドロームになってしまうリスクが高まります。

港区の姿勢専科・KCSセンター六本木では、姿勢療法で皆さんの姿勢改善のお手伝いだけでなく、自覚症状がら欠乏栄養素を特定する栄養分析で食生活の改善提案、姿勢を悪くしない為のエクササイズの提供もさせていただいています。

健康な生活を取り戻すことでアンチエイジングを目指しましょう!

詳しくはこちらからご確認ください。

 

トップへ