姿勢専科KCSセンター六本木

03-6459-1491

受付時間:【平日】11:00~20:00 ※土・祝は18:00まで
定休日:日・不定休

姿勢専科KCSセンター六本木

足の悩み

  1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. 足の悩み

私たちが生活するためにとても大切なのが身体の土台である足です。過去の捻挫、偏平足、外反母趾と悩みも原因も様々ですが、足の悩みは、慢性的な姿勢悪化に直接影響を及ぼしてしまいます。

足の悩みは、姿勢バランスを悪化させ悪い姿勢の原因になります。足首、膝、股関節だけでなく、腰痛、肩こり、背部痛、首の痛みの原因にもなります。
姿勢の専門家があなたの足の悩みに関してしっかりとヒアリングをし、適切な対応策のアドバイスをいたします。足の悩みでお困りの方、先ずはお気軽にご相談下さい。

KCSセンター六本木では、姿勢調整の施術時には必ず足根骨の調整も行います。
それは、足が身体の土台であり、不安定な足の状態では姿勢バランスを良くすることが出来ないからです。

大切な足裏の測定アーチ

足裏の3つのアーチ

足裏には3つのアーチあります。土踏まずよばれている「内側縦アーチ」は一般的に知られていますが、残りの2つは、「外側縦アーチ」と「横アーチ」になります。

踵(かかと)、親指の付け根、小指の付け根の3点で支えることで足の裏は安定します。

足底アーチの役割は、接地している時に片足でも安定して体を支える支持機能、歩行時や走っているときの接地時に衝撃を吸収する緩衝機能になります。

足底アーチが崩れると、支持機能、緩衝機能が低下してバランスを取ることが難しくなります。
良い姿勢を維持するには、3つの理想の足底アーチで体の土台である足を安定させることがポイントとなります。

足底アーチが崩れると

足型に合わせたオーダーメイドのアーチサポートで矯正(右足)

足底アーチが崩れてしまうと、アーチサポートのインソールを使わずに矯正する事は不可能です。なぜならば、足には、体を支えるために常に体重の負荷が加わっています。足底の筋肉を鍛えても瞬発力の強化は望めても、アーチの回復は望めません。

足底アーチの崩れの一般的な悩みとしては、偏平足があります。偏平足になると、足首だけでなく、膝のアライメント不良や股関節の悩みの原因になる事が多々あります。

一例としては、
不安定な土台である足で体を支えるため、膝を内旋(内側に回す)させて安定させたり、股関節を内旋(内股)させたりして無意識に体のバランスを取るようになります。この時、膝も少し曲げて立つようになり、膝への負担も大きくなります。

この様に、足裏の3つのアーチは良い姿勢を維持するにはとても大切で、特に足底腱膜に悩みを抱えている方にはアーチサポートで理想の足底アーチに矯正することをお勧めします。

外反母趾

外反母趾の足裏状態

外反母趾でお悩みの方、足指でタオルを寄せて集める運動「タオルギャザー運動」が外反母趾を悪化させてしまう事をご存知ですか?

イラストで簡単に説明してみましょう。

外反母趾は、第一中足骨の内反、母指MTP関節の突出(バニオン)、母指基節骨の外反と回内変位の状態になっています。

足の親指の裏には長母指屈筋に繋がる腱があります。正常な足の方はタオルギャザー運動を行うことで足裏の筋肉を強化し足底アーチの改善につながりますが、外反母趾の方は長母指屈筋が強化されると、長母指屈筋にどんどん引っ張られ外反母趾が悪化していきます。

外反母趾を悪化させないためには、足裏のアーチを理想の状態に矯正するアーチサポートを活用していただくことがお勧めです。

捻挫

捻挫の場合、痛みが無くなっても足根骨(足首の骨)の一つ、距骨がズレた状態はそのままのため、足首の可動が制限された状態で生活するようになります。距骨には筋肉の付着がないため自分では動かすことが出来ないからです。

アスリートの方は、左右の足首の可動差が、歩幅に左右差を生じ、体幹を捻じらせて走るようになります。この体の捻じれがパフォーマンス低下の原因につながります。過去に酷い捻挫経験がある方、捻挫クセでお悩みの方は、足首の関節調整をすることをお勧めしております。

トップへ