姿勢療法 肩こり・腰痛・膝痛 六本木の整体・カイロプラクティック

姿勢専科・KCSセンター六本木

〒106-0032 東京都港区六本木一丁目7-28 落合麻布台ビル6F
(東京メトロ南北線六本木一丁目駅 2番出口徒歩1分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日 11:00~20:00
土・祝 11:00~18:00
定休日:日・不定休

ご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

腰の悩み

腰の悩みも様々ですが、大きく分けて、常に悩み続けている慢性腰痛とぎっくり腰の様な急性腰痛に分けられます。
姿勢科学の観点から腰痛になる原因を理解していただくことで、原因不明と言われた腰痛予防に役立つ情報をお伝えします。
ただし、外傷による骨折や筋挫傷はすみやかに医療機関で診察してもらうようにしてください。

慢性的な悩みと急性の悩み

腰部の前弯カーブの消失

慢性的な悩みは、一般的に慢性腰痛と呼ばれ、姿勢の悪化による理想の生理的弯曲が崩れてしまったことで、腰部への負担が大きくなり、腰部の筋緊張や坐骨神経系の神経圧迫が原因で、痛みを感じたり、重い、だるいといった悩みに繋がります。

日常の生活環境や生活習慣で脊柱の理想の生理的弯曲が崩れることで、日々の生活での腰への負担が大きくなり、クッションの役割をする椎骨(一つの骨)間にある椎間板も潰されやすくなります。椎間板が潰されると、椎骨と椎骨の間にある椎間孔から出ている神経根が圧迫されやすい状態になります。

生理的弯曲が崩れることで腰の前弯カーブがなくなると、腰椎(腰の骨)の関節も不安定になります。この状態は、無意識に体を捻ると靭帯や筋肉の軟部組織を損傷しやすく、ぎっくり腰にもなりやすくなります。何度もぎっくり腰を経験している方は、ご自身の姿勢分析をしてみることをお勧めします。

急性の痛みによる悩みは、重い物を常に持ち運ぶ仕事の方に多く、ぎっくり腰を経験した方の多くは、荷物を持ち上げようとした際に身体を捻ってしまい、電気が走る様な痛みで動けなくなったと思います。
ごく稀に、荷物を持った時にブチッと椎間板の繊維輪が裂けて髄核が飛びだして椎間板ヘルニアとなってしまう方もいます。

ぎっくり腰等の急性の痛みは、我慢して日常生活をおくることで悪化するケースがあります。違和感を感じたら直ぐに原因を特定し、取り除くことで嘘のように楽になるケースがほとんどです。

お困りの方は今すぐお問合せ下さい。

圧迫骨折に気をつけよう

圧迫骨折は椎体が潰れてしまう骨折

いつの間にか骨折と言われる圧迫骨折が痛みの原因になっていることもあります。

尻もちをついてから痛みを感じる様になったという方は、圧迫骨折の可能性があるため、医療機関でのX線検査をお勧めします。

姿勢の悪い方は、脊柱への衝撃を吸収するの機能が低下しているため、脊柱の理想の生理弯曲を維持できている方よりも圧迫骨折のリスクは高くなります。

理想の生理的弯曲がある方と背骨がまっすぐの方とを比較すると、背骨がまっすぐの方の腰にかかる負担は、理想の生理的弯曲がある方の10倍と言われています。(詳しくは姿勢の豆知識でご確認ください

ぎっくり腰

椎間関節の安定性比較

ぎっくり腰は、急に起こった強い腰の痛みの通称で病名や診断名ではありません。物を持ち上げる時に腰を捻った時や起床時だけでなく何もしなくても発生してしまいます。

姿勢科学的にぎっくり腰になる条件としては、以下の2つです。

➀腰の屈曲時(前に曲げた時)の腰椎の関節構造上の安定性低下
②体のねじれ(体をねじる)
上記の一連の動きが軟部組織(筋肉、腱、靭帯)の損傷や炎症の原因となり強い痛みで動けなくなるのがぎっくり腰です。

ぎっくり腰を何度も繰りかえる方は、ぎっくり腰になりやすい姿勢になっている可能性があるため、体の歪みを無くし、理想の生理的弯曲に回復のためにKCS独自の姿勢分析に基づいた姿勢調整をお勧めしています。

急性だけでなく、慢性的な腰の悩みをお持ちの方も、理想の生理的弯曲が崩れた悪い姿勢が悩みの原因である可能性が高いと考えられるため、KCSセンター独自の姿勢分析をお勧めします。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

受付時間:火・水・金 11:00~20:00
土 11:00~18:00
定休日:日・月・木