姿勢療法 肩こり・腰痛・膝痛 六本木の整体・カイロプラクティック

姿勢専科・KCSセンター六本木

〒106-0032 東京都港区六本木一丁目7-28 落合麻布台ビル6F
(東京メトロ南北線六本木一丁目駅 2番出口徒歩1分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日 11:00~20:00
土・祝 11:00~18:00
定休日:日・不定休

ご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

首・肩の悩み

首や肩の悩みも様々ですが、寝違い等の痛みの悩みと見た目の姿勢に関する悩みに大きく分けてみてみましょう。
姿勢科学の観点から、肩こりや首こりと猫背や悪い姿勢との関連性を理解していただくことで、肩こりや首こりを慢性化させない予防に役立つ情報をお伝えします。

寝違い等の急性の痛みは放置する事でどんどん悪化してしまいます。急性の痛みでお困りの方、お気軽にお問い合わせください。

姿勢・猫背やストレートネックの悩み

首・肩の悩みとの関連性

見た目の悩みとしては、ストレートネック、猫背といった姿勢の悩みですが、ほとんどの場合、悪い姿勢が痛みの悩みの原因になっています。

慢性的な首・肩の悩みの原因は、姿勢科学の観点では、腰の前弯カーブが消失するごとが原因で、バランスをとるために、猫背、ストレートネックとなり、筋バランスが崩れて肩こりになります。そして胸が垂れたりもしてしまいます。

腰の前弯カーブ消失は、首や肩に慢性的な悩みをもたれすだけでなく、お尻が垂れたり、ポッコリお腹といった悩みの原因にもなっています。

首や肩の慢性的な悩みは、腰の悩みとの関連性も高く、悩みの解消のためには、首や肩へのアプローチではなく腰の前弯カーブの回復が最優先となります。

首、肩の痛み

肋骨で胸椎のうごきが制限されている

寝違いや肩甲骨の内側の痛みで悩んでいる方も多いと思います。

これらの悩みは、ほとんどの場合、胸椎と呼ばれる背中の上部の関節の動きが制限されることによる痛みが大半です。

これは、頭にあてた枕で首を前に曲げた姿勢で睡眠する事により関節が不安定な状態となり、寝返りや横を向いたりすることで上部胸椎の関節が正常な位置に戻れなくなることで神経が刺激され、筋肉が緊張することで痛みを感じる様になります。

上部胸椎には肋骨がついているため歪みにくい骨格構造ですが、歪んでしまうと自分では戻せないため、いつまでも痛みが取れず、歪みが慢性化してしまうリスクが高くなります。

首を回すとミシミシ音がする

首を回すとミシミシ音がするのを感じる方は、頸椎の理想のカーブが姿勢バランスの悪化で消失する事で関節面が滑らかに動かなくなっているからです。

イラストの様にストレートネックになると、頸椎が前方に動いた状態で固定化されてしまうため、首を回すときに関節が関節面に沿った滑らかな動きが出来なくて、きしんだ動きになるためです。

これは、頸椎特有の椎体(くさび型の形状)構造も影響しています。

頭が前方に突き出した状態

頸椎特有のの椎体構造

首や肩の慢性的な悩みのほとんどは、悪い姿勢が影響しています。 悩みをお持ちの方は、KCSセンター独自の姿勢分析で、ご自身の姿勢がどのような状態化をチェックしてみることをお勧めします。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

受付時間:火・水・金 11:00~20:00
土 11:00~18:00
定休日:日・月・木