姿勢療法 肩こり・腰痛・膝痛 六本木の整体・カイロプラクティック

姿勢専科・KCSセンター六本木

〒106-0032 東京都港区六本木一丁目7-28 落合麻布台ビル6F
(東京メトロ南北線六本木一丁目駅 2番出口徒歩1分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日 11:00~20:00
土・祝 11:00~18:00
定休日:日・不定休

ご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

姿勢科学に基づく姿勢改善メソッド

姿勢は日常生活の生活環境でつくられる

私達の生活は、パターン化されています。
毎朝、ほぼ同じ時間に起床して、朝食を食べ、通勤(通学)、会社で仕事(学校で勉強)、昼食は自宅以外で摂り、帰宅、夕食、就寝といった生活サイクルではありませんか?

仕事中の姿勢について考えてみましょう。
会社勤めの場合、多くの方は自分のデスクが決まっていませんか?
パソコンのモニター、キーボード、マウスなど位置や高さなど毎日同じ環境で仕事をしてるのではないでしょうか。

自宅での余暇の時間の過ごし方、家族で食事をしたり、TV鑑賞をする際、座る場所は決まっていませんか?
このように、職場、学校、自宅での生活環境が姿勢を悪化させる筋肉のクセを作ってしまう原因となります。

生活習慣・生活環境を変えることは簡単ではありません。しかし、日常の生活習慣や生活環境が姿勢に影響を及ぼしていることを、先ずは認識してください。

姿勢を良くするには

右肩が下がって背骨もゆがみがある例

結論としては、姿勢は自分自身だけでは良く出来ません。

鏡を見てご自身の体のゆがみを正してみてください。
ご自身が悪い姿勢と認識があってもどうすれば良く出来るのかがわかりますか?

説明のためにシンプルにお話しすると、例えば、右肩が下がっている場合、肩の高さを同じにするには二通りあります。
➀右肩をあげる
②左肩を下げる

どちらが正解でしょうか?
  ・
  ・
  ・

答え:その人の体のゆがみ方によって異なる。
※実際には、体のねじれ、下半身のゆがみも影響しています。

それだけではありません。
可動域の減少した関節がある場合、自分の意志で筋肉を使って動かすにも動かせないため、周りの正常な関節を使って動かそうとします。その結果が更なるゆがみの原因になってしまいます。
姿勢のゆがみは、様々な体のゆがみが複合的に連鎖して固定化した姿だからです。

姿勢の歪みの原因としては、日常生活の生活環境・生活習慣による筋肉のクセがきっかけとなって関節の可動障害に至る場合がほとんどのケースで、特徴としては慢性的な悩みとなります。
中には、ケガや骨折、学生時代のスポーツ障害が原因の場合もあります。

姿勢の改善を目指すには、姿勢のゆがみの状態と原因を分析する事がとても大切になるのです。
KCSセンターでの姿勢科学に基づく姿勢改善メソッドは、姿勢の専門家が行う独自の姿勢分析に基づいています。
改善を目指すためのステップは以下の3つとなります。

姿勢科学の姿勢改善の3ステップ

関節可動域を正常に戻す

関節の動きが制限されると
運動中心軸が変わる

筋肉のクセが原因で関節の動きが制限されると、関節の可動域が減少し左右の運動中心軸が変化していきます。体全体としての可動範囲はそれほど大きく変化をしないため初めは違和感を感じる程度です。

そのまま放置すると、動かしやすいほうだけを使うようになり筋肉のクセが固定化され、どんどん関節の動きも悪くなってしまいます。

この状態で運動をして筋肉のバランスを整えようと試みても運動中心軸がズレてしまった状態のため、筋肉のアンバランスを修正する事ができないのです。

先ず初めにしなければならない事は、関節が全て正常に可動する状態にすることが大切なのです。

※アスリートのパフォーマンスアップにも関節可動域を正常に戻すことはとても重要になります。

縮んだ筋肉の伸長性回復

上腕三頭筋が伸びにくい状態では
肘は曲げにくくなる。

私達が身体を動かす時、主動筋と拮抗筋の相互作用で違和感なく動かすことが出来ます。例えば、肘を曲げる時の手動筋は上腕二頭筋となり、拮抗筋は上腕三頭筋となります。

この時、拮抗筋である上腕三頭筋が拘縮して伸長しにくい場合は、肘をまげる運動が制限され曲げにくくなります。

筋肉の運動バランスを整えるには、先ず拘縮した筋肉の伸長性を回復させるためのストレッチ・ファーストになります。

伸びて緩んだ筋肉筋力回復

猫背の状態

拮抗筋の伸長性を回復させた後に、緩んで筋力低下を起こした主動筋の強化を行っていきます。

これが、KCSセンターでお勧めしている姿勢科学の理論に基づく、筋バランスを整えるための運動メソッドになります。

この様な例を知っていますか?
腹直筋(腹筋)が割れているのに体を起こせない人は、脊柱起立筋群(背中の筋肉)が拘縮して伸長性を失っているため、腹直筋をどんなに鍛えても、脊柱起立筋群が伸びないため体を起こすことが出来ません。脊柱起立筋群の伸長性を回復させることで体を起こすことが出来るようになります。

 

姿勢の悩みを克服するお勧めメニュー

姿勢を良くすることは出来ます。姿勢の改善にチャレンジしようとお考えの方は以下のパターンからお勧めメニューを確認できます

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-6459-1491

受付時間:火・水・金 11:00~20:00
土 11:00~18:00
定休日:日・月・木